提携金融機関に、協議会からお客様を紹介することにより、「住宅購入費」+「リフォーム費」+「諸費用」のリフォーム一体型ローンの利用や、優遇金利の適用、融資期間の延長、信用枠の拡大の対応が可能となります。不動産評価額に関係なく、審査基準を満たせば無担保で1500万円まで借入可能となる商品もあります。
提携金融機関:北陸銀行、富山銀行、富山第一銀行、北陸労働金庫、富山信用金庫、にいかわ信用金庫、富山県信用組合


 中古住宅を購入してリフォームを行う場合、一般的にリフォーム費用は、住宅ローンとは別のリフォームローンで借りるケースが一般的ですが、リフォームローンは住宅ローンに比べて金利が高く、返済期間も10〜15年程度と短い場合が多いのが現状です。
 しかし、リフォーム一体型住宅ローンなら、住宅購入後のリフォーム費用(諸費用含む)を住宅の購入価格の一部として取扱ってもらうことができるのです。住宅購入費用とリフォーム費用が同時に融資の対象となることでリフォーム分(諸費用含む)のローンは住宅ローンと同様の返済期間の延長や金利引き下げ、信用枠の拡大等の優遇措置を受けることも可能です。