不動産鑑定士が物件を査定し、価格調査書を発行いたします。






 中古物件を売買する場合、まずはその物件の適正な価格を知っておくと安心です。本来、不動産売買は売り手と買い手が自由に金額を決めることもできますが、ある程度の相場があるため、通常は不動産業者に相談して販売希望価格が決められます。しかし、この時に適正価格を知らないでいると、提案された金額が妥当なのか分からず、「騙されているのではないか」と疑問や不安を抱くケースが多いからです。
 各不動産業者も独自の調査を行っている可能性は高いですが、今回調査を行う不動産鑑定士は、地域の環境や社会情勢などの諸条件を考慮して適正な地価を判定する唯一の資格者です。より正確な評価を知ることで、納得した価格で取引をすすめることができますし、「希望通りの値がつけば手放したい」と考えている方にも、いい後押しになるかもしれません。