建築物に使用されたアスベストの検査を行います。





 アスベスト(石綿)とは全6種類の鉱物繊維の総称で、耐熱性・耐磨耗性・耐腐食性などに優れていることから建材を中心に広く使用されてきました。
 しかし、アスベストの繊維は極めて細く軽いため、空気中に浮遊しやすく、人の肺に入ると15〜40年の潜伏期間を経て、肺がんや悪性中皮腫などの病気を引き起こす恐れがあります。そのため、アスベスト繊維を飛散させやすい吹付け材などが露出していたり、アスベストを使用している建築物を解体する場合は、知らないうちに家族や近隣住民に被害が及ぶ可能性があるため注意が必要です。リスクを避けるために、事前に確実な調査診断をし、対策をしましょう。(平成18年以前の建物は全て検査対象となります。)