耐震診断とは旧耐震基準で設計された建物を、現行の耐震基準で耐震性の有無を確認するものです。新耐震基準で建てられた建物でも、劣化などが懸念される場合に効果的です。
 昭和56年6月に耐震基準が見直されており、昭和56年6月以前に着工した木造住宅は旧建築基準法によって建てられた建物であり、新耐震基準に適合しているか否かの検査が必要です。
耐震診断を行い、補修の提案を行います。瑕疵保険の利用にあたり、新耐震基準適合証明書の必要な場合は、耐震診断が必要になります。