建物の構造耐力上主要な部分と雨水の侵入を防止する部分を保証する保険です。保証期間1年・5年、保険金支払限度額500万円・1,000万円があります。
担当:(株)日本住宅保証検査機構 (株)住宅あんしん保証

検査により指摘箇所があった場合は、補修等に係る費用の見積を提示します。


 既存住宅売買瑕疵保険は、住宅にキズや欠陥などが見つかった場合に、引渡しを受けた後でも補修費用をカバーしてくれる保険です。中古住宅の売買では一般的に瑕疵担保責任期間が短く、新築住宅に比べて購入者の安心感が低い傾向にありますが、既存住宅売買瑕疵保険は保険期間が引渡しから5年間と長く、補修費用以外にも、調査費用、補修工事中の転居・仮住まい費用などにも適用されるのが魅力です。
 また、保険の対象となる住宅は新耐震基準に適合しているなど、一定の要件が前提となり、専門の検査に合格することが必要となるため、中古住宅の購入をお考えの方にとっては、より安心できる住宅の取得が可能となります。