取引と関係のない第三者である、既存住宅を検査・保証する検査事業者(瑕疵保険の検査事業者登録済)による構造耐力上主要な部分と雨水の侵入を防止する部分の検査及び給排水の配管検査を行います。
建物検査後、補修の必要がある場合には、補修箇所についての概算見積額を提示します。


 建物検査では、建築士などの専門家が、建物の劣化状況について調査を行い、欠陥の有無や補修すべき箇所、その時期などを客観的に診断し、アドバイスを行います。住宅の購入前や、ご自宅の売り出し前に行うことで、建物のコンディションを把握し、安心して取引を行うことができます。「安心・安全のためにも、プロの目・第三者の目で確認してほしい」「家の状況を正確に把握したい」という方に最適です。