中古住宅売却の流れ

▲先頭に戻る

中古住宅を売りたい場合(詳細)

 売りたい物件の内容が分かる書類を揃え、不動産会社や専門家に相談します。
 売却可能価格を知るために、さまざまな調査や査定を依頼します。依頼された業者は、土地や建物の状況、近隣環境などを確認し、市場調査・売出事例・成約事例・建築法規・権利関係などの調査を元に不動産査定を実施し、査定価格を提示します。
※査定価格とは、あくまでも売り主自身が売却価格を決める際の参考として提示する価格です。必ずしもその価格で売却しなければいけないということではありません。
 売却価格を決定し、不動産業者の販売営業活動の内容などを確認し、正式に売却の仲介を依頼します。
 不動産会社がチラシ・広告・インターネットなどの媒体を用いて、物件の販売営業活動を行い、活動状況や問い合わせ状況などを、定期的に売り主に報告します。売り主が売却予定の物件に住んでいて、見学希望の申し込みがあった場合は、事前に案内日程を話し合うなどして対応します。
 購入の申込みがあった場合、不動産業者から連絡がきます。その後、買い主との仲介役として価格や引渡し条件の調整を行い、売買契約の準備を進めてもらいます。
「重要事項説明書」や「不動産売買契約書」などの内容をしっかり確認したら、正式に売買契約を結び、買い主から手付金を受け取ります。売却物件に住宅ローンが残っている場合は、ローン契約を結んでいる金融機関に連絡し、抵当権抹消の手続きを行います。
 物件の引渡し日が確定したら、それまでに引越しを済ませ、残代金の決済や引渡しの準備を進めます。
 売買金額から手付金を差し引いた残りの代金を買い主から受け取り、鍵や所有権移転登記に必要な書類(権利書、印鑑証明、住民票など)、抵当権抹消証書などを買い主に引渡します。
▲先頭に戻る