中古住宅ご購入の流れ

▲先頭に戻る

中古住宅を買いたい場合(詳細)

生活環境・ご予算・間取りなど、ご家族の希望を出して話し合い、希望する物件の条件を決めていきます。
 広告や物件検索サイトなどを見て、さまざまな媒体で物件情報を集めます。協議会ではご要望にあった物件を紹介しています。
 建物検査やシロアリ調査などを事前に行うことが重要です。
 購入する物件が決まったら、購入申込書を提出し申込金を支払います。契約前に売買契約書類のチェックを依頼することもできます。
 住宅ローンを正式に申込む前に、見積書などに問題がないか審査してもらい、結果によっては調整を行います。購入後にリフォームを行う場合は、リフォーム工事費を加えた「住宅・リフォーム費用確認票」を提出します。物件購入額とリフォーム費の同時申し込みは利点が多くあります。
 瑕疵担保責任の有無などの重要な項目を確認後、正式に売買契約を結び手付金を支払います。
※手付金は一般的に売買価格の5〜10%。契約後にキャンセルした場合、手付金は返金されません。
住宅ローンを金融機関に申込みます。無事に審査をパスすれば、物件購入資金が融資されます。
 売買金額から手付金を差し引いた残りの代金を売り主に支払い、同日に所有権の移転登記を申請したり、引渡しに関するさまざまな手続きを行います。
 もし、契約前に専門家による建物検査を利用していない場合は、このタイミングでの実施を検討しましょう。
 一体型住宅ローンを申請済みの場合は、金融機関からリフォーム資金を借入れます。中古住宅購入費とリフォーム費用、そして関連諸費用を一括して借り入れできます。
 新しい生活のスタートです♪
▲先頭に戻る