中古住宅のメリット

新築に比べて少ない資金で

新築よりも少ない資金でご要望にあったお住まいが手に入ります。
※条件によって異なる場合があります。

物件を見て確かめられます

完成している物件を実際に見ることができるので、暮らしのイメージが立てやすく安心です。

豊富な物件から選べます

豊富な物件から、ご要望にあった物件を選ぶことができます。

環境に与える負荷を減らせます

既存の建物を壊して新たに建てる場合、廃材や建築作業など様々な環境負荷がありますが、中古住宅に入居する場合、負荷を最小限にすることができます。
▲先頭に戻る

中古住宅のデメリット

購入後に問題が生じる場合も

事前の調査が不十分な場合など、購入後しばらくたってから問題が生じる場合があります。その場合は、住宅瑕疵保険などを利用して建物を修繕する必要があります。

設備の耐用年数が分かりにくい

水周りなど耐用年数が浅く、短期間で修繕が必要になる場合があります。事前に建物検査で確認することが大切です。
▲先頭に戻る

中古住宅取引の流れ


▲先頭に戻る